ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

母校学院祭でのスーパーキッズオーケストラデュオ♪

昨日は母校、小林聖心女子学院の学院祭へ行ってきました

それというのも、前日の晩に「スーパーキッズオーケストラの二人が学院祭で演奏するって!昨日の学内公演すごかったって!必見だそうよ!」(学院祭は2日間で、初日は生徒のみ参加)
って友人から突然メールが入ったからで、無理しても行かなきゃと・・・

出演は、昨年スーパーキッズ夏公演でコンミスを務められたヴァイオリンの木ノ村茉衣さんとビオラの桂田光理さんで、
「Ciel Bleu」というデュオを結成され、演奏されたその曲目は、

ベートーヴェンの「トルコ行進曲」
C.Mシェーンベルク「I dreamed a dream」 と、
なんといっても圧巻は、ヘンデル・ハルヴォルセンの「パッサカリア」でした。

どれだけ驚愕したかは、言うまでもありません・・・

誘ってくれた友人は娘さんがヴァイオリンを本格的にされてるので普通のレベルとの違いを細かにわかるらしく、こんなふうにそれはそれはもう大騒ぎでした(^^;)

「何これ~凄すぎやん!プロよりうまいやん!」
「私が聴いたいろんなパッサカリアのなかで、一番うまいわ!!!N響の人の演奏よりうまかった~!!」
「これが学生って思えへんわ!もう凄すぎ~!!!」
「世の中には、こういう高校生もいるってことね・・・はぁ~・・・」などなど・・・

約20分間のなかには、夏のスーパーキッズオケ公演の恒例になってる漫才っぽいトークあり、ビオラとバイオリンの音色の違いを聞き比べる為、校歌のメロディーをビオラとバイオリン伴奏交代で順に弾かれるなど、さすがキッズオケらしい楽しい演出もありました。

ひょっとしたら、今年の夏にはこのコンビが芸文センターでのスーパーキッズプログラムにのっかってるかもですね

今日のお二人はなんといっても、音楽の中での呼吸が素晴らしく、のびのびと表現していて、メリハリがとても利いてるんですね。全くボ~っとしてないんです。

フォルティッシモからピアニッシモまで、よく曲の構成を考えて音色に気を使って音楽作りをされているのがわかり、本当に素晴らしかったです。

上手な仲間と良い影響を与えあいながら、楽しみながら伸びていかれていて、いいですね

母校も、生徒達の個性をそれぞれに伸ばす機会を与えてくれていて嬉しい限りです

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2014/05/04(日) 05:30:00|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「アナと雪の女王」☆皆で楽しもう!対策 | ホーム | 発表会終りました♪♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/96-70c9168f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)