ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

選曲のお役立ちツール

今週は、4月末の発表会に向けて、譜読みのお手伝い週間でした

皆さん、ほとんどの方が「お正月で練習できてなくて・・・」状態です。

冬休みは他の長期休暇とはちょっと違って、家族や親族で集う事が多いので、一人勝手に練習~!ってこもれませんし、「わかりますよ~!これから頑張ろうね!」って励ましてつつ、譜読みのお手伝いをし、毎日目がしょぼしょぼしています
  

ところで、最近PTNAから、発表会やステップなどの選曲にとっても役立つ「ピティナ ピアノステップ 課題曲シート2014」というものが送られてきました

生徒さんのやりたい曲と現実に出来るレベルにギャップがある場合、なかなか説明に苦慮しますが、誰にでもとてもわかりやすく作られていてPTNAに感謝です!

「ピティナ ピアノステップ 課題曲シート2014」
課題曲シート2014
 
各種教則本のレベルに沿った課題曲も表記してあり、選曲の際に何が無理なく弾けるかとてもわかりやすいです。
上半分が教則本、下半分が無理なく弾ける課題曲が記されています。
課題曲シート全体

たとえば、チェルニー30番だと真ん中すぎにベートーベン「エリーゼのために」があります。
チェルニー30 課題曲

たとえば、チェルニー40番だと、有名な「トルコ行進曲」「小犬のワルツ」「月光1楽章」「ノクターンop9-2」など
チェルニー40 課題曲

もっとも、表通りに進んでいないと絶対弾けないというわけではなく、ここでは課題曲として原曲のレベルで表記されてますので、発表会では易しくアレンジしたものを弾かせていらっしゃるお教室もあるでしょう。

また、原曲でもより難しい曲に挑戦できるかどうかは、生徒さんの年齢ややる気、能力、練習量などによるとは思います。

ただ少なくとも、多くの先生方が考えて出されているこの表は、無理なく弾けるレベルを示してくださっているには違いありません。選曲の強い味方になりますね

例えば、あこがれのリストの「愛の夢」が弾けるのってどのへんまで進んだ頃かな・・・と見てみると、「チェルニー50番」のところに書いてあったりします。
チェルニー自体やらないお教室では、他に記載されてる教本で比べることも出来ますし、まだバイエル・バスティンやブルグミュラー程度であれば、もっと先の目標として、どのくらい先かも想像しやすいでしょう。

 
いつも譜面台近くに置いて、活用したいと思います

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします♪


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2014/01/17(金) 11:00:00|
  2. お役立ち情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊丹市の美味しいお菓子 | ホーム | 本番で集中してベストを出す方法、おすすめ本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/79-3a96ed1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)