ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

幼稚園で思い出すこと

11月2日は娘の通った幼稚園のバザーでした
レッスンがお休みの方が重なったので、久しぶりにふらっと行ってきて、楽しかったです

娘と久々に再会した先生方がみなさん、「大きくなって~びっくり!もう4年生??」と目を丸くしてくださり、
私は、「先生方のおかげで、落ち着いて授業が聞ける子になって感謝です」とお伝えしました

年少さんの最初の参観会で、「ハイ!立ちましょう!」といわれたら座ってて、「ハイ!座りましょう」といわれたら立ってるわが子に冷や汗ものでしたから・・・

幼稚園選びは、とっても大切だと思います

どんなに賢い子供であっても、人の話を聞ける子供にしつけなければ、その能力も開花しにくいと思った私は、あちこち幼稚園を見学して、このへんで一番しつけが厳しい幼稚園に放り込んだのですが、自由奔放な性格ゆえに、先生方には大変ご苦労をおかけしました

当時幼稚園の遠足バスの中で、自分はどんな動物に似ているか、一人ひとり発表したとき、「私はサル年生まれなので、おサルさんに似てると思います!」と発表したわが娘。先生方が大爆笑されたそうで、そりゃ確かに・・・と思いだされます

そんな娘も幼稚園でのしつけのおかげで、年長さんにはきちんと皆と同じ様に行動できるようになり、今では別人のようです

3歳から5歳のピアノの生徒さんたち、みんなそれぞれの個性で、集中力も長くは続かないお子さんが多いですが、娘の経験から、これぐらいなんてことはないと思えます(笑)

それに、バスティン教材は昔の厳しいピアノレッスンとは全く違い、幼児期にお手玉、ボールなどで手作り指作りをし、音当てや数字認識にクーピーなどを使って色塗りをして楽しみながら進めていきます。リズムのカウント、譜読みもだんだん出来るようになり、気付かない間に身につくことが多いこと!

こんな教材、システムがあって、今の子供たちが羨ましいですね

小さい生徒さんたち、いろんな時期がありますが、きっと大きく開花すると信じて、気長に長~い目で励ましつつ、時には発達待ちもしながら、レッスンしています


ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします♪


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2013/11/04(月) 18:04:12|
  2. バスティン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バスティン教材の進ませ方~続き♪ | ホーム | 伴奏したクラスが3年連続金賞に・・・♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/62-3f1f0e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)