ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

恩師ダグ・アシャツ先生 来日

一昨日、、4月26日からスイスとハンガリーに在住のピアニスト恩師ダグ・アシャツ先生(元クララ・ハスキル国際コンクール審査員)が来日されているので、先生にちょっとご挨拶してきました

毎年この時期に来日され、もう17年目くらいでしょうか。

アシャツ先生はいっとき癌を患われ、転移もされてたいへんでしたが、今年はすっごくお元気そうです。良かった
レッスン中でしたので、ちゃんとお目にかかるのは後日の予定ですが、恩師の来日でお世話になっている先生やアシャツ先生、通訳でピアニストの友人にもお会いできて嬉しかったです

アシャツ先生との出会いはもうかれこれ20年ほど前に、ハンガリーのブタペストにあるリスト音楽院へ観光で行った時にお土産で買った、一枚のリスト愛用ピアノで録音されたCDから

これが先生の演奏だったのですが、当時ウイーンにいて勉強中だった私にとって、すごく心惹かれる演奏で、絶対にこのピアニストにフランツ・リストの曲のレッスンをお願いしたいと、CDレーベルの会社へ電話をしたことがご縁のきっかけです

CD会社の電話口に出られた方が、たまたま社長さんで、レッスンを受けたいのでなんとか連絡させてほしいと懇願したら、「OK,彼はとっても人柄のいいすばらしいピアニストなんだ、電話してごらん」と連絡先を教えてくださったのでした

連絡したら、「君のプロフィールと、演奏テープを送ってきなさい」とのことで、送ったところ、
「リストのスペインラプソディーがとっても良かったよ。レッスンしてあげるからいらっしゃい」
と言っていただけて、天にも昇る気持ちだったのを覚えています

結局、アシャツ先生の教授されてた音楽院へは年齢制限のため入れず、ザルツブルグ夏季セミナーに行って師事したムニエ先生のいらしたパリ・エコール・ノルマル音楽院へ入学したのですが、時折パリからスイスのモントルーへ行ってアシャツ先生にレッスンをしていただき、大好きなリストの難曲を弾きこなす脱力を主に教わりました

帰国後、この素晴らしい先生を日本へ紹介したいと、私はマネージャーのように日本の窓口になり、5年間先生を毎年招聘し、通訳や演奏会&レッスン企画、などボランティア(恩返しのため)でさせていただき、その後現在お世話してくださっている先生にアシャツ先生はお世話になり、もうトータル17年

毎年、七夕さんのように1年に1日お会いする程度になってしまいましたが、スイスに行かなくても懐かしい先生にお会いできて本当に感謝!。これも来日時お世話してくださる先生方のおかげです。大感謝です!
演奏会終って、ゆっくりお会いするのが楽しみです~♪


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2013/05/02(木) 01:08:48|
  2. 恩師
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いよいよ明日が発表会! | ホーム | 弦とのアンサンブルリハーサル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/6-9bc930b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)