ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

合唱祭の伴奏

芸術の秋です・・・運動会がそろそろ終わり、各地の学校で音楽祭や合唱祭へ向けた準備が始まっているようですね

私のピアノ教室にも、小中学生の生徒さんが伴奏譜を持ってこられる日が多くなりました
小学校3,4年生くらいから伴奏オーディションがあるようですが、最近のはちょっと昔よりかなり難しくなってきていますね。
最近は、幼稚園生でもビリーブなんか歌っちゃいますし・・・

小学校3,4年の合唱の伴奏でもオクターブがバンバン出てきたり、リズムがムズカシイものもありますので、普段のテキストが初級ではかなりしんどいでしょうし、中級でも、ブルグミュラー程度では出来なくはないけれど結構大変かも。

ソナチネやソナタを弾ける程度で、やっと少し細かいところを注意する余裕が出てくるかんじです。

私のピアノ教室では、伴奏はテンポや音量、左右バランスなど、沢山注意しないといけない事があり、とても学ぶところが多いので、やりたい子は積極的に立候補を薦めています。

将来、伴奏も出来るようになるためには、このくらい進まないと厳しいから頑張ろうね!と目標をつくったり。

目標が出来ることで、音量や細かいことを注意しよう!とか、自分勝手なテンポで弾かないでメトロノームに合わせてまずは練習するとか、歌とのバランスを考えて歌を引き立てる演奏をするとか・・・いくらでもやることはあり、いつもよりレッスンを聞いてくれるので伸びるチャンスですね

ただオーディションで選ばれるのは、上手とか下手とかだけでなく、先生の好みや、学校の教育上でこの生徒さんの積極性を伸ばしたい!というような理由で選ぶ場合もあるので、頑張っていればいつかチャンスがあるし、オーディションに参加することで、「へぇ、こんなことも出来るんだ」って周囲にわかってもらえるから、頑張って参加してダメでもソンはなし!と励ましています。

周囲に弾ける!ってことを知ってもらえて、少し自信になり、ほかの教科もぐん!と伸びたお子さんも多く、有難い機会に感謝ですね

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします♪


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2013/10/08(火) 16:05:21|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バスティン教材の進ませ方 | ホーム | 教室の人気者~(^^)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/57-0faaab21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)