ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

競争でなく、やりたいから頑張る環境つくり

「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」9月16日毎日放送の特別番組を観て、またまた感動でした・・・

メンバーの日々の練習時間は毎日平均4時間だそうで、学校行きながらそれだけ時間を捻出するのは大変な努力でしょう。
それを、時間管理はお母様がしていらしたとしても、嫌々やってるはずはなく(それではついていけないから)、どうしても仲間として頑張りたい、上手になりたい一心でされてるから伸びるはずですね。

やらされてる感覚がなく、競争でもなく、目の前に目標があって、やりたいからがんばる!という環境。素晴らしいです

親御さんがあきらめモードなのに、親御さんの反対を押し切ってキッズ入団試験3回目のチャレンジをしたお子さん、あきらめず自分からやる気で夢をかなえて素晴らしいです。こういうお子さんは伸びますね。

ピアノ習得でも、小さい頃からあこがれや目標があって、やりたいから頑張る!という環境つくりが必要だなと常々思っています。

誰々がどのテキスト何番を弾いてるとか、コンクールで賞を取ったとかなど、人との比較や競争でも、親御さんがお尻をたたけば小さい子は親御さんに認めてもらうために頑張るのですが、自我が芽生えてくるとだんだんそれも続かなくなります。中学でコンクールの入賞者がガラっと変わるのはこれかな・・・と。

やらされ感があって、とか競争でしんどい思いばっかりしてきた子は、高学年か中学くらいでぱったり音楽をやめてしまう傾向があり、とてももったいないです。

だから小さい頃から音楽って楽しいんだというインプットが何より大切ですね

それには、まず生の演奏を聴くことからではないでしょうか。。。ピアノだけでなく、いろんな楽器、歌などのコンサートにちょくちょく通って楽しさを知ること・・・知らなければ、なかなかアウトプット表現もしにくいし、意欲や夢も持ちにくいでしょう。

ピアノを学ぶ私の生徒さんに、楽器の違うスーパーキッズオケのコンサートを聴くことを勧めているわけは、まず音楽をつくったり、聴いたりする喜びを知って欲しいこと、子供でも頑張ったらこんなに素晴らしい音楽ができるし、頑張っている子供達がいることを知って欲しいからです。

兵庫県芸術文化センターでは、ワンコインコンサートなど安くて素晴らしい演奏会を聴けるチャンスもありますので有難いですね

15年前のウイーンオペラ座では(今もそうかも)、3万円席でも売れ残りチケットがあれば、開演15分前に全て1枚500円で学生に売り出されていましたが、日本でも空席にするよりは、いつか若い将来のある子供たちに一般席をもっと安く提供するシステムができればいいなぁと思います。


ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします♪


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/17(火) 22:00:00|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<USJハロウィンイベント開始♪♪ | ホーム | スーパーキッズオケのニュースと特別TV番組。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/52-4b20c78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)