ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

オペラ「セビリャの理髪師」鑑賞♪♪

今日は、2月からチケットを取って楽しみにしてきた、兵庫県立芸術文化センターでのオペラ「セビリヤの理髪師」を観に行ってきました!

セビリャ


マエストロ、佐渡裕さんがどんなオペラを魅せて、聴かせてくれるのか、ワクワクでしたが、とっても楽しかったです。

ロジーナ役の森麻季さん、ほんっとに素晴らしい歌声でした~
フィガロ役の大山大輔さん歌も素晴らしいけど、観客を沸かせる面白いキャラ!、伯爵役の中井亮一さんも歌声すごく良かった!

他の役どころの方々も、味わいある役を演出されていて、楽しかったです
ベルタ役の坂本朱さん、すごく綺麗で上手な歌声に女中の服装はギャップがありましたが、役にはまりきってらして、ハックション!は大爆笑でした

佐渡裕さんの希望で、初めてオペラを観る人もわかりやすいように日本語上演ってのがまたいいですね。フィガロ役、大阪弁のサービスもありましたよ

でも、いつもはイタリア語のオペラを日本語で歌うって、意外に歌手の方々大変だったかも・・・その台本つくりやチェンバロ演奏、コレペティトゥアに、佐藤しのぶさんの伴奏で有名な森島英子さんの名が!すごいご活躍でびっくりしました。

それに、今回のプロデューサーさんは、東京芸術大学非常勤講師で舞台監督、小栗哲家氏。なんと、俳優小栗旬のお父様だそうです。お知り合いって方から昨日聞いてびっくり・・・

うちのピアノ教室でアンサンブル指導のお世話になっている、ヴィオリスト安積宜輝先生もオケメンバーで演奏されていて、ベルリンフィル奏者もスペシャルゲストで演奏されてました。なにげに、毎年ウイーンフィルなど海外のオケメンバーも入ってるんです。すごいですね。

舞台セットは、今回兵庫県各地で上演予定なので持ち回りやすいように配慮されたのか、ここ20年ほどのヨーロッパの傾向と同じくシンプルでしたけれど、日本人演出家だけでなくイタリア人の専門家も練りに練って舞台造りをされたそうで、イタリアの明るい色づかいが感じられ、照明でいろんな変化がついて良かったです!

それもそのはず、今回イタリアから衣装、証明、舞台装置のため、いろんなイタリア人専門家が何人も駆けつけていらっしゃるそうです。

一昨年のオペラ「こうもり」がすごく楽しかったので、似た良さを期待して行ったのですが、とっても楽しかったけれども、桂ざこばさんのようなキャラが今回いなかったのはちょっと寂しかったなぁ・・・

路線が万人に親しみやすいアレンジしたオペラであるなら、一昨年「こうもり」のような宝塚&落語、パントマイムは入れて欲しかったです☆

でも、今回はドリフターズ路線だそうで、確かにそんなノリで、笑えるところ満載でした(^^)

私たちは日常からかけ離れた世界を堪能させてもらって幸せでしたが、超ハードな生活だからか、佐渡裕さんがさらに激やせしてるのだけ、ちょっと心配でした・・・頑張ってほしいです


ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/15(月) 22:16:58|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子供たちの伸びる時期☆ | ホーム | 「クラシック界のベッカム♪」~デヴィッド・ギャレット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/37-ceda17bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)