ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

マイケル・ジャクソンとフレッド・アステア、幻の共演♪♪

昨年、スーパーキッズ・オーケストラでむちゃくちゃカッコイイ演奏をしてくれた、高校生ヴァイオリンとチェロデュオによるマイケル・ジャクソンの”スムーズ・クリミナル”を思い出していましたら、スゴイ映像を見つけました!!

皆さんは、フレッド・アステアという方をご存知ですか?(1899年生~1987年6月22日没)

20世紀最高のダンサーであり、歌手、俳優だったアメリカでは紳士の代名詞としても有名で、米俗語に「アステア=ダンスのうまい洗練された男性」というのまであるそうですよ

映画「パリの恋人(Fanny face)」でオードリー・ヘップバーンと共演した俳優。と言えば想像つくでしょうか。

フレッド・アステアによる映画「ブルースカイ」の中の一場面「プッティン・オン・ザ・リッツ」
これはダンス・ファン必見!8人の分身映像の前で踊るアステア。1つの映像をコピーするのを許さず、彼自身が同じ踊りを8回踊って合成。1940年代最高の特殊効果です。

マイケルは子供の頃からアステアの映像に親しみ、兄弟全員でこの「プッティング・オン・ザ・リッツ」をテレビショーでカバーしたこともあるとか。

アステアの大ファンで、彼にインスパイア(触発)されたことを、「最も影響を受けた人物の一人」と公言し、隠さなかったそうです。

なるほど!マイケルにも憧れの師匠がいたのですね~☆

その証拠に、アステアの衣装、シーンなどをそっくり真似ている映像が残っていて、この動画はスムーズ・クリミナルの曲にのせて映像がマイケルになったり、アステアになったりしながら出てきます。これぞ必見!!すごく面白い映像です

マイケル・ジャクソンとフレッド・アステア幻の共演


また、アステアも1983年にマイケルの「ビリー・ジーン」のムーン・ウォークを観ると自ら挑戦し、マイケルが彼に直接教えもし、80代半ばでこれをマスターしていたのだとか☆

後世に名を残す方々は、常に努力を怠らず、向上心を持ち続けている方々だからこそ輝いた一生になったのですね。



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2013/06/10(月) 22:00:00|
  2. 映像
  3. | コメント:0
<<伊勢醤油~伊勢神宮奉納 | ホーム | スーパーキッズ・オーケストラ演奏会 いよいよ発売!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する