ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

アンネ=ゾフィー・ムターのリサイタル♪♪

今日はアンネ=ゾフィ・ムターのヴァイオリンリサイタルへ行って来ました。(*^^*)

アンネ=ゾフィー・ムター ヴァイオリンリサイタル2013

先日のヒラリーハーンが若いフレッシュなエネルギー満ち溢れた演奏だったのにたいして、ムターは円熟味と気品溢れる演奏で、ものすごーく甘い、とろけるようなレガートに魅了されっぱなし
音色がむちゃくちゃ良くて,持ってる楽器がまた凄いんだろうと思いますが、オペラ歌手の素晴らしいアリアのような響きに、とろけそうでした\(^o^)/

アンコールはクライスラーのウイーン奇想曲や愛の悲しみで、東京で予定されてるプログラムにあり、こっちのに予定されてなかったので、皆大喜びでした

伴奏者はランバート・オルキス氏。故ムスティスラフ・ロストロポーヴィチの11年にわたる伴奏者で、ムターとは1988年よりリサイタルで共演しており、とにかく素晴らしい~~!(*^^*)

アルゲリッチにも勝るとも劣らない目にもとまらぬ速さの指の回り!
ピアノ全開で全部ハーフタッチでppやpppの泉が涌き出るような音の広がりに織り成す左右自在のメロディー。
相当なご年齢に見受けられるのに、さすが!凄い!と思わず声がでちゃいました。

隣の一人で来てた方!拍手しながら椅子のスプリングがボヨンボヨンいうくらい興奮してたし(^^;!アンコールのたび、オッホホーイ!と叫ぶし、感動はおとなしそうな人もこのように変える力が!これもまた楽し(^^)

サイン会でムターからヴァイオリンケースにサインもらってた子供さん、ママが大喜び大興奮してたど、いいなぁーって皆羨望の眼差しでした。

6月3日東京オペラシティ、4日サントリーホール出演です。
チケット高いので、こちら7割強のお客さんでした。東京もまだ残ってるかも。興味ある方は是非!

ちなみにムターは今回、被災した日本の子供たちにすぐに届けたいと、出演料の一部を東日本大震災復興支援プロジェクト「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付したそうです


テーマ:コンサート - ジャンル:音楽

  1. 2013/06/01(土) 23:02:22|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパーキッズ・オーケストラ演奏会 いよいよ発売! | ホーム | 語学・・・ 思い出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/20-0b95e6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)