ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

ピアノ☆長い目線の目標つくり♪

あと少しで夏休み・・・その前に、近頃生徒さんに聞いていることは、
「将来、何が弾けるようになりたい?」「将来、合唱の伴奏などしたい?」「中学のお受験をされるご予定は?」などです。

中学受験があると小学5年半ば頃からあまり練習に時間がとれなくなりますし(モーレツ塾は夜9時まで塾、週3~5日とかになってくるようで)、小5までに基礎力をかなりつけてあげないと負担になって中途半端でやめてしまう結果になるようです。

それまでに力がついているお子さんは、少ない努力で進めるので、塾や部活動と両立しても続き、生涯楽しめる力がついています。

初級レベルでやめてしまうと、目に見えない集中力や音楽への興味関心は残っても、なかなか一人で好きな曲を自由に弾いて楽しむという形には残りにくく、もったいないですね。

先がみえないと、ダラダラ練習しない日々が続いたり、進度が低迷しがちなので、生徒さんひとりひとりの目標や夢を時々聞きながら、それぞれの目標のためには

「スラスラ弾けるようになるには、今しっかり読譜訓練が必要だから、ソルフェージュたくさんしようね」とか

「何年生までにここまで進めるといいね」とか、

「毎年・・毎月・・毎週このくらい(曲数)こなせるといいね」

とかアドバイスしています

無理は禁物ですが、知っていると知ってないのでは、モチベーションも違ってくるのではないでしょうか。

また、各小学校の多くでは小学校4年生くらいから合唱祭の伴奏を子供たちがするようになり、お友達がしているのをみて頑張り始める子もいます。

でも、小学校4年生以上の合唱伴奏は、出来ればソナチネ以上でないと、なかなか余裕持って合わせられないので、いつか伴奏者を経験してみたい、あるいはそのくらいになりたい希望のお子さんには、時々目標を聞いて調整。

そうすると、急に頑張り始めるお子さんが多いのですよね(笑) 

やはり、目標設定は大切ですね♪

また、普段から相手の音を聴くアンサンブル経験があれば、自分の音ばかり主張したり、カウントしないで突っ走るのでは合わないとわかってくるので、普段から私と合わせて弾いてみたり、クリスマス会では連弾やバイオリンやヴィオラとの合奏など、アンサンブルを毎年経験していただいています。

バスティン教材は、バイエルなどとは違って、先生とあわせる事を導入からするように設定されていて、この点でも優れていますね。

こうして普段からアンサンブルを経験することは、先にソロでひとりアンサンブルのような多声部構成の曲を演奏するときにも、合唱合奏などでも大変役に立っています。

今、当教室では「クリスマス会までにどれだけ進めるかな・・」と多くのお友達、頑張っています





ribbon1_2014110601410623a.png
伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室
伊丹市・宝塚市・神戸・大阪などから通われるピアノ・ソルフェージュ教室です。
クラシックピアノで4年間ウイーンとパリの音楽院に海外留学した経験、
指導法スペシャリストより効率よく学べる幼児教材と指導法を学び
実践してきた経験、
コンクール審査員の経験などを生かし、幅広い年齢層とニーズに対応します。
幼児が初めて習う趣味のピアノはもちろんのこと、音高・音大受験希望、
音大卒業され講師をされてる方など、様々なニーズの方が通われています。
楽しく学ぶために、希望者にはクラシックのみならずポピュラーも多く取り入れています。
基礎をしっかりつけて効率よく学びたい方、お気軽にお問合せください。

伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室 レッスン案内はこちら
伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室 講師の紹介はこちら
ピアノ教室 お問合せお申し込みはこちら


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2015/06/29(月) 00:08:30|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無料でソルフェージュや音楽史が学べるお役立ちサイト♪ | ホーム | 夏休みに大学でキッズ向け講座を受けよう!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/185-d2a8dcf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)