ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

語学

何か書くことないかなっ・・・と。今日は、留学する上で一番大切な語学の習得について。

これからの若い方は、企業も語学力重視のところが増えていますし、ネット上でも英語がわかると楽しいので、頑張って損はないですよね。

私の場合、恥ずかしながら英会話を4歳から10歳まで習い、中学高校でも6年間習っていたのに大学卒まで話せませんでした

外国の先生のレッスンも最初は通訳が必要でしたが、最初の短期留学でウイーンに友人が出来て毎月文通するうち、1年後には言いたい事が自分の力のみで英語で書けるようになり、留学してホームステイをし、ウイーンのマダムや友人と互いに母国語でない英語を話すうち、だんだん通じる英語になっていきました。(とは言え、最近めっぽう忘れていってますが

片言の時に、ウイーンであくびしながら聞いてくれた友人達に恵まれて話せるようになったのです。友人達に感謝!

最初はずっと日本語を英訳して話していたので、会話が弾まないとわかって、英語で考え話すようになるまで、約1年かかりました

ドイツ語は8ヶ月集中学習し、土臭い響きに慣れ、英語よりムズカシイ文法に苦労したのに、パリでフランス語漬けになってる間にすっかり忘れました(泣)

何より早く確実な語学習得方法は、外国の友人を作ること、どんどん間違いを恐れず話すことでしょうか

「日本人は、どうしてあんなに分厚い英語の参考書を勉強してるのに、話せないの?」と大阪紀伊国屋書店で外国の友人に聞かれたことがありますが、英語圏以外のヨーロッパでは、そんな熱心に英語の勉強をしなくても、若い方はおよそ英検準1級くらいのレベルで話せる方が多いので、改めて言われると、ほんとにそうかも。

もちろん、ヨーロッパ言語は発音がちょっと違うだけで似てるものが多いので、日本人より習得が楽だと思いますが、ウイーン大学で外国人のためのドイツ語コースをとり、パリのアリアンス・フランセーズでフランス語会話を習って思うのは、どちらも日本とは習う順番が違う・・・という事。

会話や真似から入って、文法はだいぶ後から習うんですよね。
速攻通じる会話から習うので楽しく、習得も早い。
現地で毎日1時間半習うと3ヵ月後には基礎会話ができ、6ヶ月後にはディスカッションできるようになっています。それに、国が補助しているせいか安い!(アリアンスフランセーズは毎日1,5時間授業で当時のレートで月3万くらい)。
後は習うより慣れろでしょうか。

今は、スカイプでフィリピン人の英会話教室などがあって30分数百円~とかから習えていいですね。イギリス英会話とか、フランス語会話なんかもスカイプで安く学べるようになったし、有難いですね

私も、そろそろまたインプットしなきゃ・・・



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/05/28(火) 08:13:55|
  2. 語学習得
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<語学・・・ 思い出 | ホーム | 伊丹市荒牧バラ公園~満開の花園~♪♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/18-e4d8100c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)