ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

ヒラリー・ハーン ♪ヴァイオリンリサイタル♪

今日は兵庫県芸術文化センター大ホールで行われた、世界のトップヴァイオリニストの一人、
ヒラリー・ハーンのヴァイオリン・リサイタルへ行ってきました。

ヒラリー・ハーン ヴァイオリンリサイタル2013

ヴァイオリン・リサイタルは久しぶりです。

曲目は主に モーツアルト ピアノとヴァイオリンの為のソナタ K.302 ,
         バッハ    無伴奏 ヴァイオリン・パルティータ”シャコンヌ”
         フォーレ   ヴァイオリン・ソナタ 第一番
 
バッハの「シャコンヌ」を一番楽しみにしていたのですが、やっぱり凄かったです
無伴奏なのですが、何人かとあわせてるかと耳を疑うほどで、これを一人で演奏してるなんて・・・(ヴァイオリンを詳しくご存知の方は、その神がかってる凄さをさらにおわかりでしょうね)

ピアニストはニューヨーク在住のコリー・スマイス氏。即興演奏者としても優れた方で、演奏はいま生み出されたかのように自然で絶妙なアンサンブル

メロディーがヴァイオリン、ピアノと溶け合うかのように同じ表現で掛け合い、会場の空気まで含むかのような響き。ピアノを全開にしているのに、音量や響きをものすごくコントロールされてて、自然で、驚くばかりです。
満席の客席が、こんなにもシーンとなるのは久しぶりでした。

印象的だった最後のアンコール2曲目は デヴィッド・デル・トレディッチ作曲 "Farewell"
最後は 蝶がひらひらと空高く飛んでいって光に溶け合い遠くかすんで見えなくなっていくような、ものすごくかすかな高音のハーモニー。題名のごとく、さよなら・・・と言ってるかのようでした。

ヴァイオリンには全く詳しくない私でも、これはすごい・・・!と思える素晴らしいリサイタル!

こういうのを聴くと、自分の音に耳をよく傾けて響きや空気感を可能な限り感じながら演奏する事の大切さを改めて感じます。

狭い空間で練習していると、なかなか難しいとは思いますが・・・

発表会も終わり、来月も音楽の息吹を感じ充電するためにリサイタルへ行く予定です


西宮駅すぐにある兵庫県芸術文化センターはインターネットで会員登録が無料ででき、毎月無料でチラシが送られてきます。

ワンコインコンサートなんてお得なコンサートもありますし、時々自分へのごほうびに、別世界を体験に行かれませんか(^^)/


テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2013/05/16(木) 23:00:00|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新しい生徒さん | ホーム | 続・出雲大社のイベントとご縁♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/13-30be9723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)