ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

クリスマス発表会に向けて・・・

あっという間に10月・・・制服も衣替えの季節ですね。
私のピアノ教室では、生徒さん達のクリスマス発表会を12月に控え、主にアンサンブルやポピュラー曲中心に演奏される曲が決まってきました

今年もヴィオリストの先生と生徒さんとのアンサンブルをさせていただくことになっていて、とても楽しみです

また、かねてから弦楽器などのお友達とアンサンブルを一緒に楽しめるようになって欲しいと思っていたのですが、今回中学生の同級生同士、生徒さんがヴァイオリンのお友達とアナ雪のLet it goを演奏してくれることに

また、家族デュオでママがピアノ、生徒さんがピアノも出来るけど今回は1年前から始めたヴィオラで出演・・・とかも

このアンサンブルっていいかも!と思ったのは、8年ほど前に著名なピアニストで教授のクラウス・シルデ先生から、先生はどうやって音楽を学ばれたのか聞くチャンスに恵まれたことがきっかけです。

昔はテレビとか今のような娯楽が発達していなかったので、歌や弦楽器の友人とよくアンサンブルをして楽しみ、時々近所の方が遊びに来てコンサートを自宅でされていたそうです。アンサンブルの遊びの中で、自然に音楽を学んでいかれたのですね。

ただピアノを先生から教わるだけでなく、アンサンブルで多角的に音楽をとらえられるようになったり、相手から表現のヒントを得たりすれば、もっと楽しみながら成長できるのではないかと・・・

今のピアノが優秀な子供達は、沢山コンクールを受けてこられる方が少なくないですが、そういう方は指が速く回るとか、ものすごい集中力で圧倒されるタイプや戦っているような演奏が多く、なんだかホッとするような演奏が少ないなぁと思うのです。
すごく緊張されるので無理もないですが・・・

私ってすごいでしょう!っていう演奏よりも、隅々まで音をよく聴いてこの曲の素敵なところを聴いてくださいっていう演奏の方に心惹かれることが多いのです。

どうやったら、戦うような演奏でなく、香りたつようなワクワクするような感動できる演奏が出来る人になれるかな。。

それはそういう演奏をする方の学び方を聞けばいいかなと思って気にしていたところ、プロ・アマ問わず、弦楽器とアンサンブル経験を積んだ方に、びっくりするほど上達されたが多いと気づきました。(もちろん、歌や他楽器もですが・・)
いまやピアノや音楽を学ぶには弦とアンサンブルをしなきゃ損!とまで感じています。

ある程度弾けるようにならないと、そのアンサンブルも難しいですが、だんだんアンサンブル経験が広がって、演奏の楽しみ方が増えて、演奏する生徒さんやお客さん双方が楽しいコンサートになるよう願っています


ribbon1_2014110601410623a.png
伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室
伊丹市・宝塚市・神戸・大阪などから通われるピアノ・ソルフェージュ教室です。
クラシックピアノで4年間ウイーンとパリの音楽院に海外留学した経験、
指導法スペシャリストより効率よく学べる幼児教材と指導法を学び実践してきた経験、
コンクール審査員の経験などを生かし、幅広い年齢層とニーズに対応します。
幼児が初めて習う趣味のピアノはもちろんのこと、音高・音大受験希望、音大卒業され講師をされてる方など、
様々なニーズの方が通われています。
楽しく学ぶために、希望者にはクラシックのみならずポピュラーも多く取り入れています。
基礎をしっかりつけて効率よく学びたい方、お気軽にお問合せください。

伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室 レッスン案内はこちら
伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室 講師の紹介はこちら
ピアノ教室 お問合せお申し込みはこちら


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2014/10/01(水) 00:17:38|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<音楽お役立ちアプリ&アプリ版バスティン音名フラッシュカード | ホーム | カワイ 楽譜作成アプリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/125-500473ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)