ヌーベル・ベルデュール音楽教室 音便り

兵庫県伊丹市にあるピアノ・ソルフェージュ教室です。

恩師とホロヴィッツ大全集。。♪

なかなかアップするのを忘れてしまうことが多く、思い出しながらの投稿ですみません。
もう1ヶ月以上前になりますが、先日4月末から5月上旬来日されていた恩師ダグ・アシャツ先生と1年ぶりにランチができてあちこちご案内しました。

 アシャツ先生はクララハスキル国際ピアノコンクール、マリアカナルス国際ピアノコンクール、ハエン国際ピアノコンクールの審査員を度々されてこられ、現在72歳で尚コンサート活動をされていて、毎年春に来日されています。
最近はウイーンに程近い、オーストリアとハンガリー国境の街、ハンガリーのソプロンを拠点に、スイスのローザンヌにもお住まいです。
 

アシャツ先生演奏会2012 

今年の写真はいいのがなかったので、2012年コンサート終了後の写真より。

今回は西宮ガーデンズで一緒にすき焼きランチ(日本の牛肉はやわらかくて美味しい!とお気に入り)。
そのあと昨年と同様に西宮ガーデンズの店舗やCDショップにご案内したり、Cafeで特別に濃いエスプレッソを堪能し、5時間あっという間に過ぎました
 HMVのCDショップではいろんな室内楽CDを買われていました。このメンバーがいいなど、レクチャー受けながら

「一昨年、ここでコルトーのアニバーサリーエディション40枚組を6000円くらいで買ったんだ!すごくラッキーだったよ☆」
Complete EMI Recordings Anniversay ed.Complete EMI Recordings Anniversay ed.
(2012/11/12)
Alfred Cortot

商品詳細を見る

と言われてましたが、これこれ、なんと今、倍するじゃないですか・・でも、昨年はたまたまラッキーだったのでしょうね☆

 その後、「ホロヴィッツの大全集が昨年9月に出たんだけど、ないかなー?カーネギーホールって書いてあったんだけど・・・?」ってうろうろショップ内を探したり。
結局、店員さんに聞いてみたものの思ったほどの値段でなく、取り寄せだったんで残念・・・ 

そして昨日、偶然ホロヴィッツの大全集を生徒さんご父兄が教えてくださいましたが、まさに先月私が先生と一緒にHMVで探して「ヨーロッパと変わらない値段だから帰国してから買うよ~」って言ってらしたもの。DVDもついていて、ホロヴィッツファンなら買いたくなるものですよね・・・。

Vladimir Horowitz live at Carnegie HallVladimir Horowitz live at Carnegie Hall
(2013/09/30)
Vladimir Horowitz

商品詳細を見る



私はヨーロッパでひとつ大全集を買って帰国してるので、だぶっているかも・・と考え中でしたが、やっぱり今回のDVDは持ってないので、いずれ近いうちに購入しないとなくなるかも~!と思ってます♪

その後の散策中もアシャツ先生は、
「今、シューベルトにはまっててね、ソナタをよく弾くんだ。ブレンデルがよく演奏して紹介したおかげだよ」
なんて、常に頭の中はクラシック音楽でいっぱい!
年取ればとるほど暗譜が大変ですが、72歳で、まだ毎年新しい曲に挑戦してらして、すごいです
さすが、ウイーンフィルフルート奏者のお父様とピアニストのお母様のDNAをお持ちだからかしら。。。

毎年1日だけお会いしていますが、楽しく光栄なひとときです・・・



ribbon1_2014110601410623a.png
伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室
伊丹市・宝塚市・神戸・大阪などから通われるピアノ・ソルフェージュ教室です。
クラシックピアノで4年間ウイーンとパリの音楽院に海外留学した経験、
指導法スペシャリストより効率よく学べる幼児教材と指導法を学び
実践してきた経験、
コンクール審査員の経験などを生かし、幅広い年齢層とニーズに対応します。
幼児が初めて習う趣味のピアノはもちろんのこと、音高・音大受験希望、
音大卒業され講師をされてる方など、様々なニーズの方が通われています。
楽しく学ぶために、希望者にはクラシックのみならずポピュラーも多く取り入れています。
基礎をしっかりつけて効率よく学びたい方、お気軽にお問合せください。

伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室 レッスン案内はこちら
伊丹市 ヌーベル・ベルデュールピアノ教室 講師の紹介はこちら
ピアノ教室 お問合せお申し込みはこちら

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2014/06/05(木) 14:14:35|
  2. 恩師
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピアニストのジストニア治療と脳科学の古屋晋一先生 | ホーム | ピティナ・ピアノステップを目標に♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nouvelleverdure.blog.fc2.com/tb.php/101-46faead1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)